Members

Home » Members
田野邦彦

田野邦彦 (たの くにひこ)

演出家、PAVLIC理事長

栃木県生まれ、愛知県出身。2002年より劇団「青年団」演出部、演劇ユニットRoMT主宰。洗足学園音楽大学、帝京大学短期大学にて非常勤講師。青山学院大学、明星大学、四国学院大学、池袋コミュニティ・カレッジ等でも講師を務める。市民劇の創作講師、様々な社会テーマと演劇を掛け合わせたワークショップのファシリテーター、人材育成事業のコーディネーターとしても全国各地で活躍。青山学院大学WSDコース第1期。

林成彦

林成彦 (はやし なるひこ)

演出家、PAVLIC理事

愛知県名古屋市出身。東京大学卒業。在学中に演劇活動を始め、2001年より「俳優を目指さない演劇ワークショップ」を実施。2010年より劇団「青年団」演出部所属。「高校演劇サミット」プロデューサー、高校演劇大会審査講師も多数務める。北海道から沖縄まで、小中高校大学での演劇ワークショップおよび企業研修の講師として年間120日登壇。青山学院大学WSDコース第4期。キャリアカウンセラー(CDA)。

わたなべなおこ

わたなべなおこ

演出家、PAVLIC理事

兵庫県赤穂市出身。神戸大学卒業。1988年より中央戯劇学院(北京)に留学。2000年、劇団あなざーわーくすを設立。観客と俳優の間のコミュニケーションを軸に展開する、ユニークなスタイルで演劇活動を行っている。また、ワークショップ・ファシリテーターとしても、幼稚園児から80代のおじいちゃんまで、様々な年代を対象にワークショップを行い全国各地で活躍している。

太田裕子 (おおた ゆうこ)

演劇制作、コーディネーター、PAVLIC理事

大阪府出身、東京都小平市で育つ。跡見学園女子大学在学中より劇団「青年団」に参加。卒業後、映像制作・広告デザイン会社勤務を経て劇団専属となり広報ほか担当。劇団拠点のこまばアゴラ劇場では高校演劇地区大会運営サポート、地域の中高生のためのワークショップ・プログラム、社会人向けのワークショップ講座など、演劇の手法を用いた様々な事業を手掛けている。青山学院大学WSDコース第3期。

菊池ゆみこ (きくち ゆみこ)

俳優

東京都大田区出身、東京大学卒業。都立美原高校講師。フリーの俳優としてミュージカルを中心に舞台出演、ライブ活動も行っている。各地の学校で「校歌ミュージカル」など、音楽経験を活かしたワークショップも行っている。

北村耕治 (きたむら こうじ)

劇作家

東京都八王子市出身、都立第二商業高校卒業。2007年に猫の会を旗揚げ。作家として劇の設計図を描くこと、制作者として公演全体をデザインすることに注力している。東京都を中心に高校演劇地区大会での審査講師も務めている。

窪田壮史 (くぼた たけし)

俳優

大阪府豊中市出身。関西大学卒業。都立総合芸術高校、多摩美術大学、新国立劇場演劇研修所で講師を務める。フリーの俳優として現代劇からシェイクスピアなどの古典、音楽劇、歌舞伎など幅広い舞台に出演。演劇教育や俳優育成にも携わっている。

河野悟

河野 悟 (こうの さとし)

演出家、PAVLIC監事

埼玉県入間市出身。駒澤大学卒業。劇団ユニークポイント所属。東京を拠点に国内外で公演を行う。香川県小豆島町、静岡県藤枝市では市民との演劇づくりも行う。また、塾講師として子供たちと関わってきた経験から、小学校教員と協同し、「アンチ大魔王」ワークショップを開発。全国各地の学校で、好評を博す。近年は筑波大学主催の教員免許状更新講習の講師、青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラムの講師も務めている。

榊原 毅 (さかきばら たけし)

俳優・保育士

栃木県真岡市出身。千葉大学卒業後、劇団旗揚げに参加し、国内外での公演に多数出演。その後フリーとなり、舞台を中心に、TVドラマ等の映像作品でも活動。現在は栃木で演劇活動を続けながら、保育士として活動している。

田中圭介 (たなか けいすけ)

演出家

東京都小平市出身。武蔵野音楽大学大学院修了。都立総合芸術高校・多摩美術大学講師。演劇・オペラ・ミュージカルなど様々なジャンルの演出を手がけ、韓国の演劇祭にも参加。「高校演劇サミット」のディレクターおよび県大会等の審査講師も務める。

村井まどか (むらい まどか)

俳優

愛知県豊田市出身。桜美林大学卒業。劇団「青年団」に所属、国内外での公演に出演。介護現場に携わった経験から、施設内で高齢者と高校生とワークショップを実施するなど、介護の視点を活かしたプログラムを展開している。

村田牧子 (むらた まきこ)

俳優

東京都小金井市出身、三鷹市育ち。玉川大学卒業。劇団「青年団」に所属。海外演出家との制作等これまで10か国以上で公演、ロボット・アンドロイド演劇出演のほか、映画『さようなら』では東京国際映画祭にも参加。

森内美由紀

森内美由紀 (もりうち みゆき)

俳優

青森県平川市出身。実家はりんご農園を営む。弘前学院大学卒業。地元商社に13年間勤務するかたわら、地域の劇団で演劇活動を行う。2006年より劇団「青年団」に所属。国内外の公演に多数出演。「クロスワード演劇」ワークショップの開発者。

山本雅幸 (やまもと まさゆき)

俳優

神奈川県川崎市出身。早稲田大学卒業。劇団「青年団」/スイッチ総研所属。韓国との共同制作など、様々な作品に出演。また劇場にとどまらず、地域やその場所と密接に関わりながら、公園、商店街など屋外でも作品を上演している。

この他にも多数の俳優、演出家、ダンサーなどがPAVLICのメンバーとして様々な現場で活躍中です。