Home » 2017

演劇ワークショップ・ファシリテーター養成講座

東京芸術劇場 エデュケーション企画
【演劇ワークショップ・ファシリテーター養成講座】

わたなべなおこ、林成彦、田野邦彦 ほか、PAVLICの講師によるファシリテーター養成講座を開催いたします。

演劇など、舞台芸術の現場で培われたワークショップの手法が教育や福祉、地域社会などで活用され、その高い効果が注目を集めています。ワークショップ参加者の相互理解を促し、結びつきを作り出し、学びや気づきをより深いものへと導くファシリテーターの果たす役割は大きく、高いスキルと専門性が求められます。
この講座では「効果的なワークショップ」とは何かを考え、企画し、実際に教育や福祉の現場に赴いて体感することでワークショップへの理解を深め、ファシリテーターとしてのスキルの向上を目指します。

会場:東京芸術劇場 ほか 都内学校・特別養護老人ホーム

対象:演劇活動を行っている方、教育関係に関わる活動をされている方、
   演劇ワークショップに興味のある方。
※応募者多数の場合は、全日程参加いただける方を優先いたします。

料金:各回 1,000円/全7講座受講 5,000円
※複数講座お申込みの方は、初回に全額お支払いいただきます。

第1回「ワークショップをはじめるために」① 2/15(水)18:30-21:30
・クライアントとのコミュニケーション
・クライアントへの企画・提案について考える

第2回「ワークショップをはじめるために」② 2/18(土)14:00-17:00
 プログラムデザインについて考える

第3回「ファシリテーションについて」① 2/26(日)14:00-17:00
 モデルプログラムの体験

第4回「ファシリテーションについて」② 3/1(水)18:30-21:30
 モデルプログラムのファシリテーション

※第5回「現場実習」① 3/5(日)14:00-17:00 (予定)
 都内老人ホームを予定

※第6回「現場実習」② 3/12(日)14:00-17:00 (予定)
 都内の中学校および高校を予定

第7回「まとめ」 3/15(水)18:30-21:30
・現場実習のフィードバック
・応用に向けてのディスカッション

※第5・6回の「現場実習」は、第1~4回のいずれかの講座に参加した方のみとなります。

申込み方法:下記サイトよりメールにてお申し込みください。
http://www.geigeki.jp/performance/event164/

申込締切:2017年2月3日(金)

お問い合わせ:東京芸術劇場 事業企画課 教育普及担当 03-5391-2116
主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:NPO法人PAVLIC